ホーム > よくある質問

よくある質問

リノベーションについて

計画・準備について

費用・予算について

中古物件について

デザイン・仕様

リノベーションについて

そもそもリノベーションってなんですか?
一般的には、現状をできる限り復旧させる、状態を戻すといったものをリフォームと呼びます。よってクロスを貼替えたり、お風呂を入れ替えたりすることがリフォームになります。
それに対して、リノベーションとは表面の見えるところだけではなくて、見えないところを重視して新しくします。
見えない部分とは、設備の配管であったり、断熱・防音などが該当します。
新しくする=付加価値を高めるといったコンセプトをもと、デザインによる付加価値も同時に加えていきます。
どうやって依頼したらいいですか?
お電話かホームページでご依頼していただく、もしくはご来店していただければスタッフが対応させていただきます。
写真や、要望をリストアップしたもの、本の切り抜きなどのイメージがあればより具体的な打合せをすることができます。まずは、要望等のヒアリングから始めさせていただいております。
リノベーションした物件を見れますか?
定期的に完成内覧会を開催いたしております。また、近日中にリノベーション展示場を設ける予定です。
賃貸など収益物件のリノベーションもお願いできるのですか?
はい、お任せください。収支計画をもとに、デザインとコストパフォーマンスに優れたものをご提案させていただいております。 また、内外装ともに大掛かりなリノベーションも可能です。入居者にとって魅力のあるものをつくり、オーナー様にとって満足いくものをご提案いたします。
新築同様になるのは、本当ですか?
はい。私たちのコンセプトは新築を超えるというものです。
水道管などの設備的なものはもちろん最新の工法を取り入れますし、仕様的なものは、なによりデザインというものを加えてあります。サッシなどの痛みももちろん回復させることは可能です。
しかし最も大事なことは、ただ単に仕様グレードを考えることではなくその空間に住む人のコンセプトから考えることです。 すなわちライフスタイルに応じたリノベーションということが、新築を超えること・新築では不可能なことではないのでしょうか?
部分的なリフォームを行なっていますか?
申し訳ありません。和室を洋室に変えたい、キッチンを入れ替えたい等の部分的なリフォームは、サンリバーリンクス㈱(あすか建設グループ)で行っております。
リノベーションのメリットとは何ですか?
立地や環境がよく、新築物件の価格以下で自分仕様の空間を手に入れることが最大のメリットになります。詳しくは、こちらに記載しております。
また、デメリットとして中古物件であるため見た目の古さや構造体の古さがあります。よって管理状態や修繕計画をもとに中古物件を選ぶ必要性がでてきます。
店舗等のリノベーションはやっていないのですか?
もちろん対応しております。店舗専属のスタッフがリノベーションのご提案をいたしております。お気軽にお問い合わせ下さい。

計画・準備について

現地調査で何がわかるのですか?
計画で必要な寸法の把握や構造的なもの、工事計画立案、設備の施工状態の把握が調査対象になります。
また同時に管理規約等の確認も行います。何がどこまででき、どれくらいのコストがかかるのかをはっきりさせるのが現地調査の目的になります。
自分たちの要望を伝えられるか心配です・・・
空間別の要点をまとめたヒアリングシートを使用して、お客様の要望を的確にヒアリングさせていただいております。
また、お好みのイメージも膨大な施工例やイメージをもとに打ち合わせ致しますので、正確にご要望をつかむことができます。その他に、イメージに近い本の切り抜き等を持参するようにお願いする場合もございます。
想像と要望をきちんと把握するのは、大切な業務の一つと考えております。
その中で、設計契約を行った後は、CGでの完成イメージを提出いたしますので、お客様の不安はこの時点で解消されると考えております。
計画から完成までどれくらいの日数が必要ですか?
全体の目安として、打ち合わせが約1.5ヶ月・工事が約1.5ヶ月とお考えください。
ただしお客さまのご予定によっては変動いたします。もちろんお客様のご予定に合わせて打合せを進めていきます。
① まずは、ご予算とご要望に応じた間取りを決めていきます。それに応じた仕様なども同時進行で決めていきます。
② その後、修正などで設計図を完成させていきます。その打ち合わせ過程で、完成イメージのほうもお作りいたしますので空想から一気に現実の世界に変わってくるのではないでしょうか。
③ そして工事が始まります。解体工事より始まり、工事に取り掛かればあっという間に完成に向けて進んでいきます。
費用を抑えるために自分たちで材料や設備を準備して支給することは可能ですか?
申し訳ございません。工事の区分や補償問題等があるため、一度ご相談をした上で、ご対応させていただいております。 基本的にお断りさせていただいております。
物件によって工事内容が変わるって本当ですか?
工事内容は物件によって変わってきます。物件の構造や管理規約によっても制限される場合がございます。
たとえば、室内の床の構造によっても工事の進め方・コストなどが変わってきます。
現地調査ですべてが分かりますのでご相談ください。
インテリアなどのコーディネートはしてくれるのですか?
はい。リノベーションは、内装デザインの集大成とお考えください。
コンセプトは、[インテリアを基に住まいを造る]になります。
イタリア・北欧・国内のインテリアいずれも満足のいく提案を行ないます。
照明から家具、カーテン、家電までのセレクトやアドバイス・コーディネートを最初から一貫して行います。
現地調査は、重要なのですか?
紙上での計画と現地調査を行った上での計画とでは、大きく結果が異なってきます。
現地調査では、構造的なもの・設備的なもの・設計的なもの等を中心に出来ることと出来ないことの判別を行いながら計画を進めていきます。同じ広さの間取りでも中身は全く異なるものです。
よって最初のきちんとした計画が重要になってきます。

費用・予算について

思わぬ所に費用がかかるって本当ですか?
スケルトン状態にしますので、痛んでいるものをすべて取り払います。ですので、あすか設計では過去に一度もこの問題が発生したことはありません。
また、マンションの場合、戸建住宅に比べてある程度、構造的なものや設備的なものが推測ができます。よって厳密な調査でこの問題はほぼ回避できます。
お客様にご迷惑をおかけしないように、そしてプロとして追加費用が発生しないように取り組んでおります。
ただし、どうしても見抜けないところもあります。
設計費用やデザイン費用が必要なのでしょうか?
工事と別に設計契約をお願いしております。
目安として予定工事請負金額の5%になります。契約金を元に設計監理や設計製図、プレゼン資料作成を行います。工事規模問わず、最低額として30万、上限を50万いただいております。
●工事費550万円の場合 ⇒ 設計費30万円
●工事費800万円の場合 ⇒ 設計費40万円
●工事費1、200万円の場合 ⇒ 設計費50万円
費用はどれくらいかかりますか?
構造や仕様によって異なってきます。先に、ご予算を伺ってから、ベストな提案を行っていきます。
どこから費用はかかりますか?
基本的に初回プランのご提案・概算見積までは、無料となっております。
ただし遠方での現地調査を必要とする場合,調査費を頂く場合がございますのでご相談ください。
子供の声や音が心配です。防音することは可能ですか?
はい。もちろん可能です。防音シート・パネルなどを用いて、一番適した工法を採用し性能をあげるご提案をいたします。
床、壁、天井すべてに防音施工すると効果があります。また、ホームシアター等をお考えのお客様にも同様に対応できます。簡易的なものから本格的なものまで種類・工法があります。
タンクレスのトイレを使いたいのですが?
こちらは、水圧が足りない場合は使用できません。どうしても使用したい場合は、増圧のポンプを使用したり、低水圧対応のタンクレスを使用することで設置が可能になります。
タンクレスを使用すると見た目はすっきりしてメンテナンスがしやすいというメリットがありますが、デメリットとし別途手洗器が必要になりますので工事費はコストアップします。
IHクッキングヒーターを入れられますか?
はい。ほとんどの場合問題ありません。
しかし、電力の容量が足りない部屋であれば難しい場合もございます。事前に調査を行い、可能かどうか判断するのがよろしいかと思います。また、電力を調べるのには、専門家が必要です。
室内が寒い。なにか対策方法はありますか?
原因として、その物件の一室がきちんと断熱処理されているか確認する必要があります。断熱されていないのであれば、発砲ウレタンと呼ばれる断熱材を吹き付けるなどの施工が必要になってきます。
また、サッシの気密性が低いということも考えられます。サッシを2重にするか、ペアガラス+気密性の高いサッシに変えるなどの施工で改善させる必要があります。まずは、ご相談ください。
アトピーやアレルギーなどの問題があるのですけど改善されますか?
はい。対策として
① シックハウス対策された材料等の使用。
② 換気計画による新鮮な空気の循環。
③ 結露による湿気やカビの大量発生を防ぐ材料や工法の採用。
④ フローリングや家具・建具から放散されるVOC等対策を取り組んでます。あわせて浄水器設置等のアドバイスも行っております。
好きな間取りにできますか?
いいえ。物件の構造によっては、できない場合もあります。
耐力壁は構造上、必要となります。その壁は、撤去不可能な壁になります。
キッチンやお風呂を好きな場所に動かせるって聞いたんですけど・・・
いいえ。既存の室内の作り方や管理規約で移設が可能かどうか異なってきます。これらは、現地調査をすることで明らかになります。 床下に十分なスペースがあるため、移設が可能でありバリアフリー化も可能です。
床暖房を入れることは、可能ですか?
事前にしっかりとした計画が必要になってきます。
中古物件の中には、乾燥機やIHクッキングヒーターなど入れるとお部屋の全体の電力等がが足りなくなる場合がございますので注意しないといけません。
どこに入れたいのか要望していただければ、床暖房工事の計画をご提案差し上げます。
また電気タイプや温水タイプが存在し、どの種類の床暖房が一番適しているかもあわせてご提案いたします。

中古物件について

築年数で判断すべきですか?
一概にどちらでもありません。まずは、管理状態が重要になってます。実際に築10年と20年の物件で築20年のほうが状態がいいという物件もありました。
リノベーションに適さない物件ってあるのですか?
はい。適さない物件は存在します。リノベーションできないことはないのですが、自由性やコストでデメリットになる物件は存在します。では、どのような物件が適していないのでしょうか?100万単位で損をします。
●中途半端な手を加えている物件
物件を売るためにリフォームをしている物件が多数存在します。
どれも中途半端なものが多く、中にはピンクのユニットバスや黄色のキッチンなんかもよく見ます。
もちろん買う人が望んでもいないものですけど、その入れ替えた分の費用も含めた物件価格で買わないといけません。
●無理のある物件
ローコストのためなら何でもしますというコンセプトか分かりませんが、あまりにも造りによる制限が多く、変化や要望の妨げになるような物件。もしくは、設計ミスとも思えるような物件。
資産として考えたときにメリットになるかデメリットになるかをしっかりと見極めて考える必要があります。
しかし、そのわけありやデメリットをどう付加価値に変えるか?それもリノベーションの醍醐味では、ないでしょうか。
購入を考えている中古物件を調査してもらえますか?
はい。もちろん大丈夫です。ただし、移動時間60分圏内を目安とさせていただいております。また、リノベーションを行うことを前提としたお客さまのみ対応させていただいております。
調査では、専用の調査シートを用いて建築工事・設備工事・工事計画の面から調査をいたします。
基本的にチェックするところは、どの物件も同じです。だからこそ、見るところを限定して漏れがないように短時間で済ませるように心がけております。
お電話やホームページのお問い合わせでご相談ください。
中古物件探しからお願いしたいのですが?
はい。提携している不動産業者とともにリノベーションに適した物件をご提案させていただきます。この場で、希望の立地、エリア・ご予算などをもとに選定していきます。
情報をもとに絞込み、気になる物件があれば現地にいき確認していただくというのが大きな流れになります。
物件をもたれていない方は、これからが本当のスタートです。
是非、お気軽にお電話やホームページのお問い合わせでご相談ください。
1981年(昭和56年)の新耐震基準とはどのようなものでしょうか?
建物の耐震性は、建築基準法が改正された1981年(昭和56年)を境に大きく異なります。
1981年より新耐震基準で造られた建物は地震に強く造られております。
改正以前の旧耐震基準は、震度5強程度の地震で損傷しなければよいというものに対して新耐震基準は、震度6強~7程度の地震に対しても、倒壊しないように設計することが義務付がされました。
よって中古物件を買う目安として1981年以降の物件が良いというのは、ひとつの正しい判断になります。

デザイン・仕様

おすすめのインテリア家具はありますか?
はい、デザイン性が高くどの空間にも調和する厳選したインテリア家具がございます。
詳しくは、お問い合わせください。
最初からインテリアを計画するメリットって?
まず、空間とインテリアはセットで考えないと住まいは成り立たないという考え方が重要です。
例えば6畳の部屋をつくり、その部屋における大きさのベッドをさがすのか、ダブルベッドをおくことを最初から計画し、そのダブルベッドがおける部屋をつくることをお考えください。
次に住宅ローンにインテリアなどの費用を一緒に合算して返済が可能です。結果的にこだわりの空間に、こだわりのインテリアで暮らすことが可能になります。
海外の気になるブランドの家具を使いたい・・・
国内外の家具ネットワークを持っております。よって独自ルートで仕入れが可能な場合もございますので一度ご相談ください。
収納が足りません。いい方法はないですか?
きちんとした収納計画が必要になってきます。
それは、無駄な空間を極力減らし、人間の動線を考察したプラニングによって可能になってきます。
設計やデザインだけお願いしたいのですが・・・
申し訳ございません。設計と施工を一貫して行うスタイルをとらせて頂いております。それは、一社が明確に責任を持って完成させ、引渡し後もアフターサービスを行っていくということを大事に考えているからです。
ただし、知り合いの工務店に工事をお願いしたい、遠方などの理由であればご相談いただければと思います。
照明による演出が欲しいのですけど・・・
お任せください。照明によって空間の良し悪しがきまります。
ライティングデザインを重要視し全体の空間とインテリアとの調和をはかり、機能性も兼ねた照明計画を実現します。 目的と機能を中心に考えることがもっとも重要になってきます。
希望する設備機器など使えますか?
はい。もちろん使用できます。
さらには、こういうものが好きということを言っていただければご提案も差し上げます。
例えば、室内物干やフックなどインテリア性の高いものをチョイスいたします。
そうやってこだわりの空間ができていきます。
ホテルみたいな浴室は可能ですか?
はい、もちろん可能です。方法として2つございます。
1つは、特注でユニットバスをつくります。ユニットバスを感じさせない浴室が実現いたします。納期やコストが上がるのがデメリットです。
もう1つは、ユニットバスを使用せずに在来工法とよばれるもので浴室を施工します。
現地で防水処理をして石などを貼っていきます。
もちろん、部屋全体をホテルテイストに仕上げることもできます。